読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今のままじゃダメなことぐらい自分が一番わかってるんです!

昔はあんなにもアクティブな人だったのに… 病気持ちになり、みるみるインドアでネガティブになったお母さんのお話です。

あの時スマホを持ってたら、何か変わってたのだろうか…

結婚願望がないわたしが、

妊娠し、できたら婚をしたのは、

今から9年前のことです。

 

この時は9年後に、

二度目の流産を経験するとは

思ってもいませんでした。

 

お母さん願望もなく、

子供好きでもなかったので、

子供は何人欲しいという考えもありませんでした。

 

ただ、

これから経験したことのない体験が始まるというドキドキと、

こんな考えで育てられるのだろうかという少しの不安があるぐらいでした。

 

言葉は悪いですが、

つくってみようと挑んで数か月後に、

すんなり妊娠しました。

 

わたしは生理が28日周期で

毎月きちんときていました。

生理痛もなく、ナプキンをつけているのは

生理が始まって2~3日間だけ。

周りの友達は

 

「今月は生理が遅れてる」

「予定よりだいぶはやく生理がきた」

「多い日用を使ってる」

「夜用はかかせない」

「ナプキンでかぶれる」

「痛み止めの薬を飲んでいる」

 

どれも経験がありませんでした。

生理がはじまる時期だなと思ったら生理がきて、

いつの間にか終わってるというのがわたしの感覚でした。

この「血」はみんなと一緒の「血」なんだろうか?

とも思っていました。

 

友達には「いいね~楽で。」

と言われて、「いいでしょ~。」

と言っていました。

 

心のどこかで「自分は妊娠しないかもしれない」

と思っていました。

今だったらすぐに検索してたんでしょうけど、

その頃はパソコンも持っていなかったし、

自分の周りのごくわずかな人たちの話と比較することしかできません。

自分みたいな生理の人がいない。

普通の体ではないのかもしれないと。

 

子供が欲しいと思っていなかったので、

あまり深く考えていませんでした。

そんなわたしがすんなり妊娠です。

妊娠できる体だったんだ…と、

ほんとに信じられませんでした。

 

そして、身勝手な妊婦が誕生しました。

今思うと、息子が無事に産まれてきたことは

本当にすごいことなんだなと思います。

息子の生命力の強さに感謝するばかりです。

 

無事に産まれてきたといっても、

妊娠30週の時に救急車で運ばれ、

32週で帝王切開で出産しました。

わたしは「妊娠高血圧症」になっていました。

 

息子は仮死状態で産まれ産声は聞けませんでしたが、

すぐに蘇生し、わたしを母親にしてくれました。

 

出産した後、疑問に思いました。

救急車で運ばれるまで先生に何一つ注意されることはありませんでした。

食べ物の制限や、体重の制限、

タバコを吸ってるかどうかなども、

一切聞かれませんでした。

なので、何一つ、妊娠前と変わらない生活をしていました。

 

その頃から自分で色々と調べ、

愕然としたんですけどね。

無知とは恐ろしいものです。